FC2ブログ
Panasonic ロティサリーグリル&スモークを使って、ローストビーフを作ってみました!
4Z9A2662.jpg


外観はこんな感じ。
4Z9A2646_20180729175852993.jpg
この商品は家庭用ロティサリーという、少なくとも日本では初めて?の家電です。
下記点が気になったので、購入してみました♪
塊肉が簡単に調理できる
燻製ができる(重要!)
・さらに、燻製の低温モード(120℃)がある

低温モードといっても120℃ですが、一般的なガスコンロでやる燻製器と比べるとだいぶ温度が低いので、室内でサクッできる燻製の幅が広がると思ってます。



早速ローストビーフを。
普通の作り方についてはレシピ含めて過去に何度も記事にしているので、
宜しければ見てください!
http://smokelife2009.blog.fc2.com/blog-entry-251.html

洗って水気を取ります。
4Z9A2632_2018072917584687c.jpg

クレイジーソルトを揉みこみ・・
4Z9A2633.jpg

いよいよロティサリーへ!
4Z9A2634.jpg

ちょっと、肉が細すぎました(^^;
オートメニューなのでボタン2,3回押すだけで始まります。
4Z9A2638.jpg

調理中も中が見えます。
皆、肉が回っているのを群がって見てました(笑)
4Z9A2649.jpg

完成!
肉が細かったですが、何とか焼けてはいるようです。
4Z9A2653.jpg

切ってみると・・火の通り方がすごく均一!
鍋ではなかなか均一にするのは難しいです。
ただ、やはり肉が細くて熱の入りが弱かったので、少し時間を追加して火を入れました。
4Z9A2657.jpg


適当に作った玉ねぎソースで頂きました!
火の通りが均一なので、いつもより舌触りが良かったです♪
4Z9A2662.jpg




肉の大きさへの制限がある点さえ気をつければ、とても簡単に均一な火の通りを実現できるのでオススメですね!
基本がトースターなので、パンやピザなども焼いてみたいと思います。
もちろん近々、燻製機能も試しますのでお楽しみに!!

pagetop
今年も作りました、燻製丸鶏!
4Z9A0904.jpg


今年は過去最大の2kg近くある大型の鶏でした。
6年目になりましたが、これだけのサイズに均等に味付けし、
パサパサにならない程度に火を通すのは、大変です(^^;

今年は、より柔らかく味が染みた状態を目指すため、何点か変えてみました。
・肉への穴開けを入念に
・漬け込みを乾塩法ではなくソミュール液にし、漬け込み期間を2日→4日に
・スモーカーをウォータスモークではなく大型のスモーカーに(温度を120℃→80℃に下げた)

ソミュール液は、
クレイジーソルト+白ワイン+カツオ出汁+醤油少々
でやりました。

結果、味付けは内部まで浸透してかなり良かったのですが、
時間が足りなくて中まで温度が上がり切りませんでした(^^;
後から火を入れて問題無く完食♪

このサイズの丸鶏だと、6時間くらいは加熱しないと内部まで温度上がらないかもしれませんね~

来年、またチャレンジします!
IMG_0133_Conv.jpg

pagetop
ベーコン3種と鴨の燻製をしました!
今回のベーコンはなかなか良い出来です。
DSC_0180.jpg


↓前回、漬け込みまで記事にしていた燻製の続きです♪
http://smokelife2009.blog.fc2.com/blog-entry-352.html


鴨のボイルから。
DSC_0160.jpg

ボイル後、冷やすとこんなに脂が!
DSC_0167.jpg

取り出して拭き取り、オリーブオイルを。
DSC_0169.jpg




こちらは、2週間漬け込み後のベーコン。
漬け込み期間中にスーパーで国産豚99円/100gの特売に出会ってしまったので、味噌ベーコンが追加されて計5本に(笑)
国産豚、カナダ産、国産味噌漬けの3種のベーコンを同時進行で作りました。
DSC_0174.jpg

ピチットシートで乾燥後。
若干肉が締まってますね!
DSC_0175.jpg

DSC_0177.jpg




ベーコンの燻煙後!チップはリンゴがメイン+ヒッコリー+ピートです。
DSC_0180.jpg


こちらは鴨の燻煙後。チップはサクラがメイン+ヒッコリーです。
DSC_0170.jpg


最近、真空パックの方法を変えました。
このやり方はオススメなので、今度記事にします!
DSC_0183.jpg




鴨の燻製はそのままスライスして。
ベーコンは収穫したバジルと合わせてペペロンチーノに。
4Z9A9628.jpg

4Z9A9799.jpg




今回のベーコンはなかなか良い脂の割合にできました♪
ベーコンは冷凍できるし、色々な料理に使うと手軽に香りと味が出るので、非常に便利な食材です。

pagetop

2017/05/20

鴨の燻製

鴨の燻製です!
4Z9A6812.jpg


久々の燻製記事ですいません(^^;
燻製は作ってるんですが、春はどうしても季節モノの写真が多くて
燻製写真は後回しになってました。

鴨の燻製ですが、肉のサイズが小さくボイル工程も入るので、
割と難易度の高い部類に入ると思います。

あまり作る頻度も多くない食材なので、いつものGRIさんのサイトを参考にしつつ・・
漬け込みの材料は好みで結構変えましたが、ボイルや燻煙温度はそのままです。
http://www2.ucatv.ne.jp/~grizzly.moon/page023.html


まずは塩を振って血抜き
4Z9A6804.jpg


漬け込み
4Z9A6805.jpg


ボイルのために一旦パッキングします。
4Z9A6806.jpg


67℃程度でボイル
4Z9A6807.jpg


粗熱を取って表面がさらっとしたらオリーブオイル
4Z9A6810.jpg


いよいよ燻煙!良い色!
4Z9A6811.jpg


2日後くらいに頂きます♪
4Z9A6812.jpg




5年ぶりくらいに作った鴨の燻製でしたが、
自分の成長が感じられる美味しさに仕上がりました♪

ただ、数日時間を置くといまいちな味に変化してしまいました・・
色々原因は考えられるので、近日リベンジしたいと思います!

pagetop
気が向いたらその日に作れる、鶏手羽元の燻製です!
4Z9A5512.jpg



寒くなってきて燻製の季節になってきました。
ここ数年まともに料理をする生活環境になかったので、今年は5年ぶりに少しは楽しめそうかなと思ってます♪

紅葉の写真も良いのが結構撮れたので、時期が過ぎないよう頑張って記事にしたいと思います!




■作り方(レシピ)
鶏手羽元 16本
クレイジーソルト 適量
レインボーペッパー 2g

↓スパイス類はお好みで
ローズマリー 少量
ナツメグ 少量
オールスパイス 2g
コショウ(パウダー) 少量
ジンジャーパウダー 少量


なんとなく作ったので、塩分さえ適量ならOKです!




鶏手羽元に材料を揉みこんで、冷蔵庫で2~3時間寝かせます。
4Z9A5507.jpg





冷蔵庫から出してキッチンペーパーで水気を良く拭き取り、30分~1時間ほど常温に置きます。
常温にすると水分がまた出るので、燻煙前にまた水気を拭きます!
4Z9A5509.jpg




70度程度で30分、ウォータースモークで燻煙します。
↓ウォータースモークのやり方はこちら!
http://smokelife2009.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

チップはサクラ、水は水:白ワイン=4:1くらいにしました。


燻煙後がこちら!
ほんのり色がついてます。
4Z9A5511.jpg




この後、蒸気が落ち着いたら、鶏の表面にオリーブオイルを塗って、
表面に色がつくまでレンジのオーブン or グリルで焼きます。
この一手間で結構変わります!
フライパンでも全然問題無いです!

盛り付けする前に食べられて無くなったので、写真はここまでです・・(笑)
4Z9A5512.jpg

pagetop
検索フォーム
プロフィール

けんし

Author:けんし

うまい物が作れた時の感動を
求めて日々精進中。
うまい物を美しく撮るために
写真撮影も勉強中!





www.flickr.com
-Today's Best Shot-


My account in 500px - Kenshi2009
-Recent Favorite Photo-


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村-ランキング参加中


燻製料理 ブログランキング参加中

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる