長岳寺で見頃のツツジ・杜若(カキツバタ)を撮りに行ってきました。

4Z9A2759.jpg




静かな水面の池と杜若、本堂、楼門と素晴らしく絵になるお寺で、
実際絵を描きに来ている方もたくさんいらっしゃいました(^^)





お寺に入る入口は満開のツツジがお出迎え。
4Z9A2644.jpg




本堂前の池には満開の杜若(カキツバタ)。
4Z9A2823.jpg

4Z9A2715.jpg






森の木陰にツツジの花びら。
全く同じ被写体を違う感じで撮ってみました。
こういうのがもっと自在に表現できるようになりたいですね。
4Z9A2957.jpg

4Z9A2987.jpg





本堂前の大手鞠(オオデマリ)、杜若(カキツバタ)、躑躅(ツツジ)の3色。
4Z9A3016.jpg

4Z9A3039.jpg

4Z9A3047.jpg





お昼の白糸蕎麦。
この日は本当に暑かったので美味しかったです♪
4Z9A3121.jpg

pagetop
時間があまり取れなかったり、他の優先すべき写真整理があったりしたので、
更新が1週空いてしまいました(^^;
季節ものの写真ネタがたまっているので、できればその辺を5月中に全部記事にしたいです。

ちなみに、Twitterでは常に料理・写真ネタをつぶやいているので、気が向いたらフォローお願いします!
Twitter:Kenshi2009



5月17日に、鈴鹿サーキットを自転車で走れるレース、
鈴鹿エンデューロ2014に参加してきました。
http://suzuka8h.powertag.jp/

4Z9A3271.jpg

参加したのは6時間エンデューロという、チーム交代制で6時間周回し続けるというレースです。
サーキットコースを自転車で走るというのは初体験でしたが、
非常にコースコンディションが良くて50km/h以上が余裕で出せるのには驚きました!
入門用のクロスバイクしか持ってませんが、また是非参加してみたいです!

レースも真面目に参加してきたんですが、もちろんカメラも持っていってます(笑)
写真という意味では、初めて流し撮りをしっかりと狙ってみました。
こちらもなかなか楽しかったです(^^)



レースは朝からなので、前日の深夜に鈴鹿サーキットホテル入り。
4Z9A3232.jpg






翌日、快晴の中でのスタート!
4Z9A3240.jpg






これだけ自転車が並んでると壮観ですね!
4Z9A3267.jpg





スピード感が出るように撮ってみました。
難しいもんですね~
NDフィルタを持っていけば良かったです。
4Z9A3400.jpg

4Z9A3474.jpg






レースと言えば、コスプレで走る人たち
やっぱりポーズとってくれる人が多かったですね(笑)
4Z9A3322.jpg 4Z9A3249.jpg

4Z9A3323.jpg 4Z9A3513.jpg

4Z9A3610.jpg 4Z9A3645.jpg

4Z9A3721.jpg 4Z9A3900.jpg





チームメンバーも一通り撮り終わった後半、無謀にも
トップスピードが出てる辺りのコースへ行って撮影。
成功率が低い低い・・
流し撮りも慣れが必要ですね。
4Z9A3873.jpg

4Z9A3896.jpg

pagetop
ホタテとエビをウォータースモークにしました。
鍋を使っているのに、中がレア状態でしっとり仕上がってます(^^)
さりげなくカニカマも一緒にやってます。
4Z9A1499.jpg






■作り方(レシピ)
まず、ソミュール液を作って冷やしておきます。

ソミュール液の作り方。
水400mlの水を沸騰させます。
岩塩10%(40g)、三温糖7.5%(30g)、ブラックペッパーホール20粒、ローリエ2枚、タイム少量を入れ、よく混ぜます。
ローリエとタイムはお好みで。
5分間弱火にかけたら火を止めます。
荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておきます。







ホタテ、エビを身だけの状態にします。
今回はホタテは刺身用を買ってきてそのまま使用。
エビは殻付きの刺身用を買ってきて、殻を剥いてあります。
エビの味噌は綺麗に取り除いてください。味噌は燻製に合いません。
味噌はその場で頂きました(笑)
4Z9A1466.jpg







鍋に水を入れて沸騰させ、沸騰したらホタテ・エビを入れて30秒だけボイルします。
それ以上やると中まで火が通ってしまいます。
ボイルが終わったら軽く流水で流して、冷ましてしまいます。
4Z9A1471.jpg








冷やしておいたソミュール液に2時間漬けます。
なお、ホタテよりエビの方が塩分が強くなりがちなので、気になる方は塩分濃度を変えてエビとホタテを分けて漬けると良いと思います。
4Z9A1472.jpg







2時間後、ソミュール液から取り出し、表面の水分をキッチンペーパーで良く拭き取ります。
この時点でカニカマもパッケージから出し、表面を良く拭きます。
網の上で1時間、常温で風乾させます。
網が無ければキッチンペーパーを2,3枚重ねた皿の上でもOKです。
4Z9A1486.jpg







スモーカーに置いて、燻煙します。
ノルディックウェアスモーカーにウィスキーオークのチップひとつかみを入れ、水皿に白ワイン100cc+水100cを入れてウォータースモークします。
チップはヒッコリーやクルミでも良いと思います。
中火~強火で加熱して煙が出たら弱火にし、10分間燻煙します。
中まで火が通らないように中の温度を50度~60度以下に抑えたい所です。
温度計があればチェックしてみてください。
4Z9A1494.jpg







燻煙が終わったら5分程落ち着かせれば完成です!
色づきはうっすらですが香りはしっかりついてます。
そして中はレアです(^^)
4Z9A1499.jpg






鍋を使って家庭用コンロで行う燻製でも、大き目の鍋であれば50~60度に抑えて温燻に近い状態にできますので、是非お試しください♪
料理の幅が広がります。

ウォータースモークができる、ノルディックウェアスモーカーの記事はこちら。
http://smokelife2009.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

pagetop
検索フォーム
プロフィール

けんし

Author:けんし

うまい物が作れた時の感動を
求めて日々精進中。
うまい物を美しく撮るために
写真撮影も勉強中!





www.flickr.com
-Today's Best Shot-


My account in 500px - Kenshi2009
-Recent Favorite Photo-


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村-ランキング参加中


燻製料理 ブログランキング参加中

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる