国際鉄道模型コンベンション2016というイベントに行ってきました!
4Z9A2875.jpg





このイベントは知らなかったのですが、
前日に子供がNゲージのレンタルレイアウトをやってみたい
というので連れて行った先の店でたまたま聞いて行ってみました。

もっと趣味として鉄道模型をやってる人向けかと思っていた
のですが、思ったより子供もしっかり楽しめる感じになってました!


私は、もちろんミニチュアを撮影する目当てで行ってます(笑)
模型は自分で作るとお金かかりますからね~・・・




というわけで、模型の写真です。




大井川鉄道のSLが走っている新金谷駅です。
後ろの黒いのがSLです。駅の横の藤棚とかは、
行ったことある人ならおっ、懐かしい!と思うかと思います(^^)
4Z9A2809.jpg



川下りをするカヌー。
4Z9A2810.jpg




プラレールのレイアウトもありました。
プラレール博とは違って模型のアマチュアグループが
作っているので、趣向が違った感じでした!
4Z9A2816.jpg




知らなかったんですが、レゴトレインという商品があるようで、
それのレイアウトも。
レゴもバリエーションがすごいですね~
4Z9A2823_20160829115330fa8.jpg

4Z9A2827.jpg

4Z9A2829.jpg





情景レイアウトとNゲージをマクロで撮ると、かなり本物に近いですね!
なかなか楽しい撮影でした♪
4Z9A2847.jpg

4Z9A2814.jpg

4Z9A2848.jpg





他にも、楽しくてマクロで模型を撮りまくってました(笑)
動いてるNゲージを入れるとシャッター速度を速くしないといけないですが、
Nゲージが無ければ電球色の暗めの模型でも楽に撮れますね。
4Z9A2845.jpg

4Z9A2840.jpg

4Z9A2850.jpg

4Z9A2851.jpg

4Z9A2857.jpg

4Z9A2856.jpg

4Z9A2867.jpg

4Z9A2871.jpg

4Z9A2894.jpg

4Z9A2865.jpg

4Z9A2909.jpg

4Z9A2911.jpg

4Z9A2920.jpg

4Z9A2939.jpg





これほど大規模な模型をたくさん見れる機会は
なかなか無いと思います。
皆さん自慢の模型を展示していたので、完成度が高くてとても楽しい撮影でした♪

pagetop

2016/08/17

味玉・改

久しぶりに家族に大好評の味玉を作りました!
4Z9A2632.jpg



数週間前に体にかなりのダメージを負ってしまったため、
遠方出張、ホームパーティー、バーベキュー、帰省、等々の全ての夏の予定が消えました(^^;
なので、家で思う存分DIY的な事をやってたりします。



さてこの味玉、燻たまにする予定だったんですが、
燻製する前に全て食べられて無くなってました。


以前の味玉から若干改良してみたところ、さらに良くなったようです。
そこら辺のラーメン屋の味玉には負けない自信があります!
下記レシピでやれば、100%好みの茹で具合で出来てます。




■作り方(レシピ)
昔アップしたレシピからの変更点をNEW!!で書いてます。

○調味液の材料===================
水 400cc
塩 15g
砂糖 20g
めんつゆ 大さじ1
醤油 大さじ1
ブラックペッパー 2g
オールスパイス 1g        →NEW!!
五香粉 少量            →NEW!!
唐辛子輪切り 大さじ1
ローリエ 3枚            →NEW!!
だしパック(かつお系)2パック  →NEW!!
==============================

五香粉はエスビー食品のものを使いました。
メーカーによって配合が違います。
無ければ無くても良いです。



①調味液を作る。
材料を全部入れて一煮立ちさせてから冷蔵庫で冷やす。
例によって塩味(塩と醤油)の分量さえ間違えなければ美味しくできます。

IMG_7775.jpg



②卵を常温に戻す
冷蔵庫から出したばっかりだとゆで時間に影響が出るので常温で30分~1時間くらい置いておくと良い。
卵のお尻側(尖ってない方)部分に軽くヒビを入れておく(殻を楽にむくコツその1)。

IMG_7776.jpg


③ゆでる
たっぷりの水に塩10g、お酢10cc、サラダ油少々入れる(殻を楽にむくコツその2)。

沸騰後、卵を入れて8分煮る。    →NEW!!
(環境によってゆで時間も硬さの好みも違うと思うのでここは試してみてください)
我が家の環境では、下記のような感じです。
7分 → 割るとドロっと黄身が出てくる
7分半 → 半熟(中央が少しトロっと赤い)
8分 → 半~完熟(トロっと感は無く、全体がオレンジ色)
9分 → 完熟(全体が黄色)
常温に戻した卵から、沸騰したお湯に入れるのが安定させるコツです!

IMG_7778.jpg


8分経ったら、すぐお湯を捨てる。
その後、すぐに冷水を軽くかけ、すぐに水を切る(殻を楽にむくコツその3)。
水を入れっぱなしだと卵が冷えてしまいます。

IMG_7783.jpg


熱いうちに殻をむく(熱過ぎて我慢できない時は卵をむく時だけ少量の水をかけながらむく)。
殻を楽にむくコツその1~3をちゃんとやると、ヒビを全体に入れるだけでスルッとむけます。

ゆで卵を①で冷やしておいた調味液に1日つける
ここで、ゆで卵が暖かく、調味液が冷えていることが重要です!
温度差があることで味が早く染みるらしいです(TVでやってた)

キッチンペーパー等で落とし蓋をしておくと、調味液から卵が出てこないので、
卵全体にちゃんと色がつきます。

IMG_7785.jpg


ゆで終わってから殻をむく作業は秒単位の勝負です!





燻たまにしたい場合は、下記の記事を参考にしてみてください!

■低めの温度でしっとり上品燻たま
http://smokelife2009.blog.fc2.com/blog-entry-53.html

■中華鍋で作る半熟燻たま
http://smokelife2009.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

pagetop
滋賀へ行く機会があったので、彦根城を撮ってきました!
4Z9A1782_201608101621334eb.jpg



余談ですが、ここ2か月くらいで写真作業用PCが2台壊れたり、
人生で三本の指に入る危機に見舞われたりでちょっとブログ更新が空いてしまいました(^^;
ようやく元の環境に戻ってきたのでまたのんびり更新していきたいと思います!



彦根城は小さい山の上にある感じなので、カメラ装備を持って回るのは若干ハードでした。
残念ながらひこにゃんとは時間が合わず、ハリボテのみ見つけました(笑)
4Z9A1814.jpg




ということで、入口付近から順番に。
4Z9A1755.jpg



入ってすぐに数十段の階段。
4Z9A1776.jpg




一番高い場所に彦根城があります。
小さめながら、青空に白い壁が映えて綺麗でした♪
4Z9A1808_201608101621302bc.jpg

4Z9A1804.jpg



彦根城付近から見下ろす町並みもなかなか。
琵琶湖も見えてました!
4Z9A1817.jpg

4Z9A1821.jpg





城の外周にある日本庭園から彦根城をバックに何枚か。
4Z9A1858.jpg

4Z9A1865.jpg

4Z9A1889.jpg

4Z9A1894.jpg

4Z9A1895.jpg






彦根城の回りも、人力車があったり町並みが綺麗だったりと、
楽しかったです。
散策しすぎて昼ご飯を食べる時間がありませんでした・・
4Z9A1908.jpg

4Z9A1922.jpg

4Z9A1913.jpg






関東に住んでいても知っていた、たねや本店があったので買い物して帰りました。
4Z9A1930.jpg



ひこにゃん電車♪
4Z9A1932.jpg

pagetop
検索フォーム
プロフィール

けんし

Author:けんし

うまい物が作れた時の感動を
求めて日々精進中。
うまい物を美しく撮るために
写真撮影も勉強中!





www.flickr.com
-Today's Best Shot-


My account in 500px - Kenshi2009
-Recent Favorite Photo-


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村-ランキング参加中


燻製料理 ブログランキング参加中

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる